良い名刺デザインにする作り方のポイントは?

HOME » 名刺デザインの作り方 » 良い名刺デザインにする作り方のポイントは?

良い名刺デザインにする作り方のポイントは?

名刺の役割は様々な解釈があるでしょうが、自己紹介が一番の大きな役割で、挨拶や仕事に繋げることが主な目的になると言えます。
ビジネスシーンで名刺交換をしても、その後会うことがないことも多いので、名刺を見て思い出させるような印象に残る名刺デザインの作り方ができればベストです。
名刺フォルダーを見返した時に、その人のことは忘れちゃったけれど名刺デザインの作り方から、良い仕事をしてくれる人とイメージしてもらえると、その名刺は本来の役割を果たしていると言えます。
その為には、名刺という小さな紙に記載された情報がスマートに伝わるかどうかが重要で、いかに伝えたい情報をまとめるかが作り方のカギになるのです。

では、良い名刺デザインにする作り方のポイントは何なのかというと、デザインの前にまず名刺に必要な要素を決めることです。
一般的な名刺に記載する要素としては、社名・ロゴ・肩書・個人名・住所・電話番号・Emailアドレスなどがあります。
ただ名刺の目的によって要素も多少変わりますし、企業や業種によっては写真やイラストを掲載して職業をアピールする方法もあるのです。
目的を考慮して名刺の小さなスペースに、何をどの順番でどの程度の大きさで入れるかを考えてデザイン構成を判断するのが大切になります。

縦・横のどっちが良いのか名刺の向きに迷うでしょうが、結論から言うと横・縦どちらでもOKで好きな方で良いです。
ただ、それぞれのメリットを知っておくと作り方の判断材料になります。
縦型のメリットは、渡す時によりスマートに見えてスタイリッシュに魅せたい場合に有効になることと、縦に大きい画像も見やすく配置が可能になることです。
一方の横型のメリットは、レイアウトの自由度が高くて親しみやすい雰囲気を出しやすいですし、長いコピーやURLなどがスッキリと収めることができます。

記載する要素や名刺の方向が決まったら、作り方の手順として配置を決めますが、この時に重要になるのが余白です。
伝えたい情報がたくさんあるのは分かりますが、要素が押し詰められた名刺より、きれいに余白がある名刺の方がスマートでエレガントな印象を持たれます。
また相手の読みやすさを考えた文字の大きさにすることも大切で、大きすぎず小さすぎずないのがベストです。
ちょうど良いバランスになるように、余白や文字の大きさを考えた作り方をするとデザイン的にも良い効果が得られます。
それから使用する色や色数も名刺デザインの作り方にとって大切なポイントで、少ない色数で構成されている方が洗練された印象になるのです。