名刺デザインテンプレートを使用するメリット・デメリット

HOME » 名刺デザインの作り方 » 名刺デザインテンプレートを使用するメリット・デメリット

名刺デザインテンプレートを使用するメリット・デメリット

電子デバイスが主流の現在であっても、ビジネスシーンで名刺は欠かせないアイテムのひとつです。
また名刺は企業や個人の顔とも言える存在で、名刺の印象はとても大きく影響するものなので、少しでも相手に良い印象を持ってもらうためにも、名刺デザインは考慮する必要があります。

名刺デザインの作り方としては、専門業者に依頼する方法と、無料で使用できる高品質な名刺デザインテンプレートを活用して自分で作る方法があるのです。
その為、名刺の作り方として専門業者への外注するのか、名刺デザインテンプレートを活用して自分で作るのかで迷うこともあります。
そこで、それぞれのメリット・デメリットを知っておくと、どちらにするのかの判断基準のひとつとして役立ちます。

専門業者へ外注するメリットは、プロが作成するので圧倒的にクオリティの高いデザインに仕上がりますし、個性や特徴をデザインに反映させる形にすることができるのです。
また印刷を注文するにしても、量産できるので一枚あたりのコストが安くなりますし、印刷の仕上がりも格段に奇麗になります。

一方外注するデメリットは、デザイナーが作成するのでデザイン料がかかり、どうしてもコストアップになってしまうのです。
また印刷を注文するにあたっては、最低数量が設定されていて少量生産ができないという点があり、期限限定で使用する場合や役職が変わる場合などで無駄になる可能性があります。

名刺デザインテンプレートを活用して自作するメリットは、何と言っても大幅なコストダウンが可能ということで、紙質に拘らなければ大きく値段を抑えることができるのです。
また数多く揃っているデザインテンプレートを利用するので、デザイン上の大きな失敗はしませんし、手作り感や機械的ではない表現ができるので相手の印象に残りやすいというメリットもあります。

一方テンプレートを活用して自作するデメリットは、全ての作業を自分で行うために時間がかかりますし、労力も必要になってしまうことです。
またデザインテンプレートを活用することで失敗はしませんが、個性や特徴を全面にアピールする名刺にならない可能性があります。
それから、家庭用プリンターで印刷するのは量産には適していませんし、思い通りにいかずに用紙やインクを無駄にすることもあるのです。

このように外注と自作のどちらにも各々のコストや使用条件、環境によってメリットとデメリットがあります。
ですから、名刺本来の役割や目的を果たすためにどちらが適しているのかを考慮して選択すると良いです。