名刺デザインを作成する際の注意点は?

HOME » 名刺デザインの作り方 » 名刺デザインを作成する際の注意点は?

名刺デザインを作成する際の注意点は?

名刺を作成する際には、1度に大量の印刷をするためデザインで失敗はしたくないものです。
そこで、名刺デザイン作成の際の注意点について事前に知っておき注意する必要があります。

名刺デザイン作成の注意点の1つ目はサイズで、日本の名刺は55mm×91mmの長方形が標準サイズになっていることです。
もちろん標準の名刺サイズに統一すると言った規定はないので、必ずこのサイズでデザインしなくてはいけないというわけではありません。
しかし、どのような職業でも幅広く使えるサイズなので、この標準サイズでデザインしておくと無難で間違いないです。

2つ目の注意点は名刺の中に記載する情報に関してで、限られたスペースにしっかりと情報を載せるデザインでなくてはなりません。
例えば、会社名と個人名だけのシンプルな名刺もありますが、これだけの情報では名刺としてあまり意味がないので、他にも連絡先や部署名などを載せる方が賢明です。
また名刺デザイン的に載せきれない情報については、QRコードを活用するのもひとつの方法ですが、年配者でQRコードが利用できない方もいるので注意が必要と言えます。

名刺は取引先やお客様に名刺をお渡しすることで、自社や個人を表現するためのツールといっても過言ではないので、名刺デザインは重要なポイントになるのです。
堅い業種なのにポップなデザインでは、相手は大丈夫かなと不安に感じてしまいますし、明るいイベント関連の企業が地味なデザインでは、画期的なアイデアを出してくれる会社ではないと思われる可能性があります。
ですから、デザインひとつで自社をどう表現したいのか考えて名刺を作成する必要があって、これが名刺デザインを作成する際の注意点の2つ目になるのです。

ただし、個性を出したいからといって、名刺デザインや形にあまりに凝りすぎたものにならないことも注意点になります。
例えば、規定のサイズでなかったり、少し形が変わった形だったりすると、受け取った相手が名刺保管に困ってしまうことになるのです。
また、カラフルなデザインにしたり、情報量をたくさん載せたりとデザインに凝りすぎてしまうと、逆に見づらい名刺になってしまいます。
不必要な情報をあまり載せず派手にしすぎない方が、名刺をもらった人に好感を持ってもらうことができるのです。
ただ事業のアピールにつながるような資格を取得している場合は、その資格名を載せると相手からの反応も良くなる可能性があるのでおすすめします。
名刺デザインを作成する際には、このような注意点を意識すると良いです。