名刺を作成する際はデザインだけでなく紙質も考慮して

HOME » 名刺デザインの作り方 » 名刺を作成する際はデザインだけでなく紙質も考慮して

名刺を作成する際はデザインだけでなく紙質も考慮して

ビジネスシーンにおいて欠かせないアイテムのひとつが名刺で、少しでも相手に印象を残したいという方は少なくありません。
その為、名刺を作成する際には、どのようなデザインの名刺を作れば良いのかで悩むことがあります。
また、どのような内容を記載するのか、どのような紙質でどのようなデザインにすると良いのかなど考えることがあるのです。

インパクトのあるデザインの名刺を使用しようと考える方もいますが、ビジネスで使用するのなら確実に情報を伝えられるオーソドックスなデザインが良いでしょう。
それに、奇抜なデザインにしなくても特殊な加工や拘った紙質を用いることで、他の名刺とは異なる印象を与えることができるのです。
実は名刺の紙質によって印象がかなり変わってきますし、用いる紙質により会話のきっかけになる可能性もあります。
ですから名刺を作成する際には、デザインも大事ですが紙質に拘ることもおすすめです。

ただ、紙質によって特徴があって、書き込むことができるのかなどデザインと相談する必要もありますし、写真の有無は紙質の選択と大きく関係してくるので、適切な紙質選びも大事になります。
その為にも、どのような紙質が用いられているのかを知っておくと良いです。
名刺の紙質には数多くありますが、その中で最も代表的なのがコート紙系のアートポストになります。
このコート紙というのは、上質紙の表面にコート剤を塗布したもので、滑らかでツヤのあるのが特徴です。
両面に微光沢があって写真などがきれいに再現されるのですが、アートポストはコート紙と比較してコート剤量が多いので、コート紙より色の再現性がよくなります。
また白色度も高くて紙厚があるため名刺向きといえますし、写真などをデザインするのに適しているのです。

次にミラー上質紙とも呼ばれていて、上質紙がベースのキャストコート紙のエスプリコートFPというのがあります。
表面は強い光沢を持っていますが裏面は光沢の無い上質紙という特徴があって、表面は光沢があることから写真印刷などに適していて、裏面は鉛筆などで書き込むことができるのです。
このような特徴があるので、表はデザインに凝ることができて裏はメモとして使用が可能な名刺を作ることができます。

最もポピュラーで最もシンプルな洋紙の上質紙の最大の特徴は、鉛筆で書き込むことができるということですか、色の再現性は乏しく光沢はないです。
その為、モノクロの文字だけのデザインの名刺に向いていると考えられます。