名刺をデザインする際のポイントは?

HOME » 名刺デザインの作り方 » 名刺をデザインする際のポイントは?

名刺をデザインする際のポイントは?

名刺はビジネスをはじめ様々なシーンで自分の情報を相手に伝えられて、自分を宣伝するツールのひとつですし、自分を覚えてもらうために有効なツールです。
ですから、自分らしさが伝わる名刺デザインにすることで、名刺があなたの印象を相手に強く植え付けることも少なくありません。
その為にも、名前や企業名の情報を伝えるだけではなくて、自分のイメージが相手に伝わる名刺デザインにするポイントを知っておくと参考になるのです。

名刺をデザインするときのポイントの1つ目は、名刺に載せる情報量が多いことから掲載内容を決めるということです。
名刺の記載内容としては、名前・会社名・役職、電話番号やメールアドレスなどの問い合わせ先、WebサイトのURL、顔写真・企業のロゴマーク・イメージ画像など載せる情報量が多くあります。
情報量が多くなって文字が読みづらくなっては意味がないので、その点に気をつけてデザインする必要があるのです。

文字のフォントを統一することも名刺デザインを考える際のポイントになることで、文字のフォントは1種類から2種類程度にしましょう。
複数のフォントを使用すると統一感がなくなって、すっきりしない印象を与えてしまうので、多くの種類から自分のイメージに合うものを選ぶと良いです。
名刺をデザインするときのポイントの2つ目はロゴや画像・余白の配置で、文字だけの名刺よりも強く印象づけることができますが、読みやすくするスペースとして余白をデザインに生かしましょう。

名刺デザインと共に色もポイントになる点で、色も第一印象から最終的な印象まで名刺を印象づける要素としてとても重要になります。
実は、色にはそれぞれの連想されるイメージがあって、その連想イメージを参考にして色を選ぶと良いです。
ちなみに色から連想されるイメージは、赤色なら情熱・生命力・エネルギー・危険、青色は誠実・信頼・理知的・若い・冷静、黄色では陽気・金運・幸福・好奇心・警告などになります。
また、緑色なら自然・平和・協調・リラックス・健康、オレンジ色は暖かい・好印象・楽しさ・家庭、紫色では高貴・魅力的・神秘・妖艶・ミステリーなどです。

狭い名刺のスペースで的確に情報を伝えることも名刺デザインのポイントになることで、目線の流れを考慮して情報を配置することが重要になります。
具体的には、最初に目に入る名前は一番大きくして、見てほしい企業名や肩書きなどは名前の側に配置するのです。
また重要度の低いメールアドレスやURLについては、最後に目がいくよう名刺の隅に配置します。